一般寮

子どもたちは寮別に分かれ、一般家庭と同じような日課で生活しています。

本園の各寮やグループホームでは、子どもの権利を尊重し、プライバシーに配慮しつつ、個々の子どもの状態にそった自立支援や家庭復帰に向けた支援を行っています。

写真をクリックすると拡大します

健康管理への取組

看護師を配置し、子どもの医療的ケアと職員の健康管理を行っています。

食事について

栄養士を配置し、季節に合わせた献立づくりや栄養管理を行っています。
また、子どもたちが楽しく食事が出来るよう、子どもたちの要望に対するリクエストメニュー、調理職員による各寮への出張調理、各寮での子どもと職員による手作り調理やおやつ作り等も行っています。

家族交流

面会外泊等のほか学園内の自活訓練棟を利用して実施しています。

地域との交流

地域自治会との共催行事(盆踊り大会、餅つき大会)や総合防災訓練を行っています。

心理療法の実施

平成11年5月から心理療法を行う心理職を配置し、心理的ケアが必要な子どもへの援助を継続的に行っています。現在は、常勤の心理職が配置されています。

心理室では、1対1でゆっくり自分の気持ちを話したり、一緒に遊んで楽しい時間を過ごしたりしています。

グループ療法では、ルールを守りながら楽しく遊べるよう見守りながら、活動しています。トラブルが起きた時は、どうしたら良いのか皆で考えて解決します。

長期休みの際には、みんなでスポーツを楽しむこともあります。平成27年度は定期的に卓球大会を開催しました。

INDEX
子どもたちの生活
一般寮
高齢児寮・グループホーム
日課・年間行事